瓶詰め文化について調べてみました

 

「脱プラスチック!」と言ってアルミ缶スチール缶からペットボトルへ移行しつつある液体の入れ物。

今更だけれど瓶詰め文化について調べてみました。

酒・ビール・飲料の他、ジャムなど食品の保存に多くの瓶が使用されています。

 

未だに日帰り温泉には欠かせないのは、口が広くてのどが渇いた時には一気に飲みやすい牛乳瓶。

ビール瓶、お酒の瓶などはデポジットの代表格!

 僕は必ず飲むよ!

 

 

ビール瓶は一本5円一升瓶については差がるけど、持っていけば今でも換金してもらえるのよ。

リユースが目的のクローズドリサイクル。

一升瓶は6~7回程度、ビールびんは平均20回以上再使用されるんだって。

長期間繰り返し使われるのっていいよね。

 

 

化石資源を使用せず、加工もしやすい。

そのうえ日本中どこにでも存在する砂が原料でしょ。

製造時のCO2発生量が、アルミ缶に比べ約4分の1。

ペットボトルに比べ約3分の1!!!

 

 

ガラス瓶のリサイクル「びん to びん」は、他素材容器にはない高い割合で実現しているそうです。

回収したガラスびんを砕いたガラス屑(カレット)を90%以上使用した「エコロジーボトル」もあります。

さて?あなたはどの容器を選びますか?