縄文文化が世界遺産に登録!

 

縄文文化が世界遺産に登録される事になりました。

温暖で落葉広葉樹が90%を占めていた時代 1万年以上続いた自然共生社会。

みんなで縄文の暮らしをすれば 持続可能な社会が作れる!

 

 

海ちゃんは

「みんなで縄文の暮らしをすれば 持続可能な社会が作れる!

 後戻りすれば達成可能ですね(^_-)-☆」

って言ってる。

たまにキャンプする程度ならいいけど、そんなこと言ってもさ。

 

たしかにたまのキャンプならいいね。

だけど、よく考えてみてホシカルくん。

工場とか車が出す熱エネルギーも地球温暖化に影響してるって言うじゃない。

なるべく省エネ、再エネで暮らすようになれば、二酸化炭素の排出量ゼロ!

温室効果ガスが減らせるよ。 

 

ふたりとも、下の図をみてごらん。

CO2排出量と、それを吸収するのに必要な杉の木の本数を図にしてみたんだ。

結構な本数だと思わない?

 

1人分の排出するCO2を吸収するには、50年のスギが45本必要。

自家用車の排出するCO2を吸収するには、50年のスギが323本必要。

家庭の排出する電気ガスのCO2を吸収するには、50年のスギが913本必要。

 

 

ホシカルくん、さらに調べていくとわかったことがあります!

杉は成長が早いこともあって、吸収量は植えてから急上昇します!

そして20歳でピークを迎えることが分かっているんだって。

 

 

 

 

エシカルちゃん、よく知ってるね。

杉の木には、何とか40歳くらいまで頑張ってもらう!

 

そうすることで、余すことなく建物や家具に利用すれば固定されたままとなる!

って海ちゃんは考えてます。

 

森林率が60%台から下がりつつある今、できることがあります。

まずは、休耕地や空き地に杉を植えること。

つぎに、30年から40年で伐採し活用していくこと。

こうすることで、自然由来のサーキュラーエコノミー!

これが自然なことだと思うよ!