七ヶ宿湖でクリーン作戦

毎年七ヶ宿湖では水道事業者主催でクリーン作戦が実施されています。 

宮城県民183万人の水瓶である七ヶ宿湖の水源地保全と、周辺地域の強化を目的に毎年実施されている行事です。

 

今年は、6月21日にクリーン作成が開催されました!

事務局長の海ちゃんです。

僕たちは、湖面から回収作業を行っています。

なかでも重たくて大変なのがタイヤです!

デポジットがかかったらなくなるんじゃないかな?

拾っても拾っても消えることがない不法投棄とポイ捨てゴミ!

タイヤは不燃ゴミで回収してくれないのかな。

 

自動車の古タイヤは適正処理困難物っていう分類で

粗大ごみや不燃ごみとして、かく自治体のごみの回収に出せないんだって。

 

使わないタイヤや、使えなくなったタイヤは、専門の業者さんに廃棄処分してもらうか、

交換したときにお店で買い取ってもらったり、リサイクル品として譲ったりする方法があるんだって。

空き瓶回収のように、デポジット制にしたら不法に捨てる人は減りそうだね。

自分たちの飲み水の元になってる湖やダム、地球にゴミを捨てるのは、どうかと思うよ。

 

宮城県では、古タイヤは自治体で回収していません。

専門の業者さんに相談するなどして、適性に処分するようにしてくださいね。